192日目

いらっしゃいませ、こんばんは。



最近買った本ではありませんが、こんな絵本がございます。



「もじゃもじゃペーター」というドイツの絵本。

元々右の方を子どもの頃に読んだのですが、パンチの効いた内容に飯野和好さんの挿画がどハマりしたトラウマ思い出の一冊でした。

よく見たらスケボー乗っとるやん。

元は集英社の童話集でしたが、現在は復刊ドットコムから発売されているのでご興味おありの御方はぜひ。

左はドイツの初版の日本語版です。

原作者のホフマンさんは精神医学のお医者さんで、子どものためにこの「もじゃもじゃペーター」を自作なさったそうです。

そのため挿画など、全体的にどことなく漂う「プロじゃない感」がなんとも味のあるものとなっております。

どっちも2歳の姪っ子にはまだ早いかな・・・

「わあ、もじゃもじゃペーター!」と、母が喜んでおりました( ´∀`)



本日もご笑覧、ありがとうございました!
スポンサーサイト



悪妻
Posted by悪妻

Comments 0

There are no comments yet.